〇〇をさがせ!メーカーは単純明快なゲームフローが受けて口コミで拡散されました。

口コミで広がった〇〇をさがせ!メーカー|アバターの作り方と種類

MENU

〇〇をさがせ!メーカー

 

JRA×ウォーリーをさがせ!のコラボ企画の中でも大好評だったのが、自分だけのオリジナルゲームを作れる「〇〇をさがせ!メーカー」です。
独特のテイストのイラストによるアバターを作成し、人混みの中にオリジナルキャラクターを投入します。

 

「〇〇を探せ!」の〇〇には好きな名前を入れることができ、どのキャラクターを探せばいいのか拡大したアバターで紹介するゲーム性を持っています。
LINEやメールなどで友人に送れば、すぐに遊べる単純明快なゲームフローが受けて、仲の良い友人を題材にした〇〇を探せ!を作る人が殺到しました。

 

 

送られてきた人の反応

 

  • ウォーリーを探せ!懐かしい
  • ウォーリーを探せは多くの人が一度は遊んだことのあるコンテンツです。
  • 学校や自治体の図書室に置かれていることも多く、懐かしいゲーム性にテンションが上がります。

 

 

アバターが似ている

〇〇を探せ!のアバター機能は、顔のパーツを中心に多彩なラインナップを用意してカスタマイズ性が高いため、人それぞれの特徴を捉えたアバターを簡単に作れます。

 

類似したサービスは多数ありますが、ウォーリーを探せ!のイラストタッチによってオリジナリティを出していて、作ったアバターへのリアクションをする人が多いです。
友人から送られてきた人は、自分のアバターを見ると、次は見つける側から作る側に回って簡単にオリジナル〇〇をさがせ!を新しく作れる点も無料コンテンツの魅力です。

 

 

作り方を教えて

送付されたURLには、作成コンテンツへのリンクも用意されています。
しかし、スマホで手軽にできるゲームは「有料ではないか?」と懸念する人も多く、まずは送ってきた人に作り方や料金を確認する方もたくさんいました。

 

 

アバターの作成方法と種類

 

アバターの作成手順は以下の通りです。

 

  1. 性別の選択
  2. 名前の入力
  3. 輪郭、目、鼻、口、髪型、服装を自由に組み合わせる

 

服装はウォーリーの着る定番のボーダー服から、着ぐるみまで多彩なラインナップが用意されています。
作成したアバターは保存してプロフィール画像などで使うこともできます。
アバターについての詳細はコチラ(参考記事:アバター作成機能が好評)

 

 

利用できるステージ

ステージとなる中山競馬場

JRA×ウォーリーをさがせ!では全59ステージが用意されていますが、「〇〇をさがせ!メーカー」で使えるのは中山競馬場を舞台にしたステージのみです。

 

主に自分で遊ぶものではなく、友人のアバターを作って送付する用なので、1つのステージがあれば十分です。
競馬関連だと分かるステージをすることで、JRAや競馬、有馬記念に興味を持ってもらいやすいメリットがありました。

 

友人からオリジナルの〇〇をさがせ!のURLを送られてきて、そこから久しぶりにやるウォーリーを探せにハマって全59ステージにチャレンジした人も多かったです。
〇〇をさがせ!は歴代のJRAコラボ企画の中でも口コミによる拡散効果がもっとも大きかったと言われています。