人気絶頂だった進撃の巨人ファンが魅了して、多くの競馬初心者がデビューしました。

進撃の巨人×JRA|競馬場を舞台にファンにはたまらないコンテンツが満載!

MENU

その後のコラボ⑥進撃の巨人

 

進撃の巨人は別冊少年マガジンに連載している巨人と共存する世界をテーマにした、ファンタジー&ホラー系のマンガです。
2009年に連載が開催し、月刊誌としては異例の大ヒットになり、2013年にはアニメ化2015年には実写映画化をされています。

 

アニメは深夜放送ですが、第一弾のオープニングテーマ曲を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
ファンの大半は大人の男性で、JRAとの相性は抜群のコンテンツです。

 

当然、JRAの標的になり2013年にコラボイベントを開催しました。

 

 

異例のジャパンカップ、有馬記念の連続開催

進撃の巨人と有馬記念のコラボ

進撃の巨人×JRAのコラボ第一弾は2013年11月に開催されたジャパンカップのPRコンテンツ「進撃のジャパンカップ」です。
「進撃の巨人」のキャラクターが、東京競馬場を舞台に繰り広げるレース迫力のムービーミニゲームで楽しめるコンテンツが用意されました。

 

レース調査兵団と巨人たちが大迫力なレースを行い、途中で2つのミニゲームをこなすフローです。見事1着になると限定壁紙をダウンロードできる特典が用意されています。

 

第一弾の発表と同時に、12月に開催される有馬記念で第二弾を用意していることがアナウンスされました。
第二弾の進撃の有馬記念では、進撃のジャパンカップのゲームをアップデートして、新たに描き下ろしたキャラクター調査兵団のキャラクター選択機能などが加わりました。

 

同じコンテンツを使いまわすことで可能になった連続開催ですが、有馬記念版は声優のかけあいも強化され、壁紙も全12種が用意されました。

 

さらに「進撃スポーツ(撃スポ)」と題したオリジナル競馬新聞によってリアルの有馬記念の予想を紹介するサブコンテンツも用意され、人気絶頂だった進撃の巨人ファンから多くの競馬デビュー者が現れました。

 

 

2ちゃんねるパワーで人気投票はハンネスが圧勝

人気投票で1位になったハンネス

進撃の有馬記念は、人気投票を行う有馬記念を真似して、進撃の巨人もコラボ企画の中で主要キャラクター20名によるファン投票が行われました。
1人10票まで投票できるなかで、簡易的なイベントだったことから不正対策は行われず、2ちゃんねるでマイナーキャラクターであるハンネスを1位にしようという運動が起こります。

 

結果的に2ちゃんねらー達による複数の投票が行われ、投票総数83億9875万1917票中、1位のハンネスが67億4578万1070票を獲得して圧勝します。
2位には同じく2ちゃんねるで票を伸ばしたマイナーキャラのオルオ・ボザドで約4.8億票。

 

主要キャラクターではミカサが3位に入り、実質の1位と評価することもできます。
主人公のエレンは5位に沈みました。2ちゃんねるで話題になったことも結果的に進撃の巨人×JRAのコラボ企画がより多くの人に知られるキッカケになりました。

 

ちなみに有馬記念のファン投票は、大きな不正はできないように規制をされていて、リアルな人気の評価を受けています。