独特なウォーリーテイストのイラストを取り入れたことで話題になりました。

アバター作成機能も!ウォーリー風のイラストで大人気

MENU

アバター作成機能が好評

 

目、鼻、口、輪郭など顔のパーツや服装、ポーズを組み合わせて自分自身や友人をイラストにしたウォーリーを探せ風のアバターメーカーが大好評でした。
作成したアバターはイラストの中に配置して、オリジナルの○○を探せのオリジナルゲームを作れます。
用意されたゲームを進めるだけではなく、アバターを作って友人に送る楽しみ方もできたこともJRA×ウォーリーを探せコラボのヒット要因です。

もちろん、アバター作成機能も全て無料で楽しめます。

 

 

アバター作成機能は初登場

 

アバター作成画面

 

これまで、ウォーリーを探せ!はスーパーファミコンやスマホアプリなどのゲームも多数登場してきましたが、アバター作成機能の付いたコンテンツはウォーリーを探せシリーズの中では初めての機能です。

 

スマホアプリを始め、携帯ゲームで実績のあるカヤックが製作を手がけているだけあってクオリティが高いと評判でした。
ありそうでなかった機能を有馬記念コラボで投入したのは企画の上手さが伝わってきます。

 

実際にオリジナルの○○を探せを作って楽しんで友人に広めている人も多いですが、こんなことできるよ!と画期的な機能をSNSなどで紹介するケースも目立ち、瞬く間に拡散していきました。
かなり面白いコンテンツだったので、短期間限定で終わってしまったのが残念です。

 

なお、JRA×ウォーリーを探せ!のコラボイベント以降、同様のアバター作成機能のついたコンテンツはリリースされていません。
ウォーリーを探せはセブンイレブンをはじめ、多くの企業とコラボしていますが、歴代最高の傑作だったと評価できます。

 

 

ウォーリー風のイラストが好評

 

顔のパーツなどを組み合わせてアバターを作成する機能はゲーム機やブログなどで幅広く採用している定番機能です。
その中でもウォーリーを探せのコラボイベントで用意されたアバター作成機能は、独特なウォーリーテイストのイラストを取り入れたことで話題になりました。

 

キャラクターは細身で首は細めの個性的なタッチは親しみやすく、まるで自分自身が本当にウォーリーの世界に入っていくような感覚を味わえます。
作ったアバターを友人に見せた時のリアクションも軒並み好評で、シンプルでありつつも個性とクオリティの高さが特徴です。

 

さらに、○○を探せ!の○○を設定した名前に置き換えてタイトルも作れるので、あたかも既製品のようなオリジナルゲームを作成できます。

 

通常の賞金獲得のためのSNS投稿はTwitterに限定されていますが、オリジナルの○○を探せについてはLINEとFacebookでシェアすることも可能でした。